ローズ・オットー

ローズ・オットー

13,800円
(税込価格:14,904円)

買い物カゴへ入れる

よりお求めやすいローズ・オットー5%ホホバ希釈もございます。
買い物カゴへ入れる

  • 5,400円以上で送料無料
  • ご注文当日?翌営業日までに迅速配達
詳細
商品名 ローズオットー(Rose Otto)
商品番号 QQ580-S25
容量 2.5ml
学名 Rosa damascena
科名 バラ科
原産地 ブルガリア
使用部分
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドル ~ ベース
香りの系統 フローラル系
香りの強さ 強い
別名 バラ、ダマスクローズ、ブルガリアンローズ
内容成分 Citronellol, geraniol, nerol, neral

当店販売商品の品質について

エッセンシャルオイル(精油)の基礎知識

エッセンシャルオイル(精油)の使い方

精油の事典

特徴
ローズオットーは「エッセンシャルオイル(精油)の女王」と呼ばれるほど、美しく高級感に満ち溢れたエレガントな香りがします。古くから女性を魅了し続けてきたローズの香りは、数あるエッセンシャルオイルの中で最も美しく、最も魅惑的なものと言ってよいでしょう。「女王」の名前で呼ばれることが示唆する通り、アロマテラピーにおける特性も「最も女性的な領域」において強く作用します。

ローズは極めて複雑な成分構成を持っています。わかっているだけで300以上の成分が含まれており、それらがエッセンシャルオイル(精油)全体の86パーセント程度を占めています。残り約14パーセントは極めて多数の微量成分からなっており、この複合的な組成がローズの優れた特性に関して極めて重要な役割を果たしていると考えられています。

精神面においては、悲嘆、嫉妬、恨み、落ち込みなどあらゆるネガティブな感情を解す特性があると考えられています。人間関係の破綻によるショック、挫折による自信の喪失などの場合にも、ローズオットーの美しい香りは、あなたを優しく包み込んで支えてくれます。高級化粧品にローズのエッセンシャルオイル(精油)を使用しているものがあるのも、ローズの優れた特性によるものです。高価なエッセンシャルオイル(精油)ですが、ごく少量でも十分に特性が得られますので、キャリアオイルに希釈してトリートメントに使う場合も、低濃度で大切に使ってください。「女性的な領域」において優れた特性を発揮するローズオットーは、女性の美しさを力強く支えてくれると同時に、女性の様々な辛さや問題に際して優しくサポートしてくれます。作用がとてもが穏やかなこともローズオットーの特長の一つです。子供に対する使用にも適したエッセンシャルオイル(精油)で、落ち着きのない子供に対しては、芳香浴アロマバストリートメントで使用することもできます。(但し、3才未満のお子様へのトリートメントは控えてください。)美しい香りのローズオットーは、催淫特性を持っているとされるエッセンシャルオイル(精油)の一つでもあります。ベッドルームの雰囲気作りにも使ってみてください。

ローズはこのように極めて優れた特性を持ちますが、残念なことに偽和が容易にできるエッセンシャルオイル(精油)でもあります。世界中で生産されている量より、化粧品業界や香料業界において消費、使用されている「ローズオイル」の総量が上回っており、まがい物が「100%のローズオイル」として不当に流通している証拠となっています。偽和は、共通の成分が含まれ、香りが似ているゼラニウムパルマローザなどと混ぜ合わせるか、もしくはそれらのエッセンシャルオイル(精油)から特定の成分を分離して加える方法で行われるのが通常です。さらに酷い場合は、まったくの合成物質を加えてより安価に偽者の「ローズオイル」が作られています。巧妙に作られたまがい物のローズオイルは、見分けるのが難しく、販売業者自身もそうとは知らずに「100%のローズオイル」として販売しているケースが残念ながらあります。100%のローズオットーは10度前後以下になる固形化します。もし冷蔵庫に入れても、固まらず液体のままであった場合は、極めて疑わしいと考えて間違いありません。こうしたまがい物には残念ながら本物のローズオイルの持つ優れた特性は一切期待できません。

ローズオットーは水蒸気蒸留法でローズの花より抽出されるものです。一方、溶剤抽出法で得られるものをローズ・アブソリュートと呼びます。ローズオットーはほぼ無色透明ですが、ローズ・アブソリュートは美しく透き通るような赤色をしています。香りは、ローズ・アブソリュートのほうがより鮮やかではっきりとしていますが、トリートメントで使用する場合はローズ・オットーのほうがより好まれます。

低温で固まったオイルは、掌で温めて液体に戻してください。他の多くのエッセンシャルオイル(精油)と異なり劣化しにくいオイルで、長期間品質が安定しています。
植物
ローズオットーの抽出されるダマスクローズ(Rosa damascena)は、ほとんどがブルガリア、トルコで生産されていますが、百年の栽培の歴史を持つブルガリア産出のローズオットーが最高品質のものとして有名です。トゲのある落葉少低木で、香りと同様に美しいお馴染みの花を5月から6月にかけて咲かせます。ダマスクローズは、キャベッジローズに比べて花弁の数が少ないのが特徴です。太陽の光があたると、花に含まれているエッセンシャルオイル(精油)分が気化してしまうため、最もオイルの含有量が高くなる早朝に花を摘み取り、すぐに水蒸気蒸留にかけられます。こうすることで収油量を最大にすることができます。1kgのエッセンシャルオイル(精油)を水蒸気蒸留で抽出するのに、約5000kgものバラの花が必要です。1滴を得るのに、約50本の花が必要という計算になります。
エピソード
ローズオットーをバラの花から水蒸気蒸留により抽出する方法は、10世紀のペルシア(現在のイラン)の医師で偉大な科学者でもあった、アウィケンナ(イブン・シーナ)が錬金術の実験をしている過程で偶然発見したと考えられています。これが最初の水蒸気蒸留によるエッセンシャルオイル(精油)の抽出であったと言われることがありますが、実際には蒸留に使われた可能性のある器具類が古い遺構からも発掘されており、より以前から原始的な水蒸気蒸留が行われていたようです。しかしながら、アウィケンナによって水蒸気蒸留の方法が確立され、当時のアラビア世界に広まった後、ヨーロッパへも伝わって盛んに行われるようになったのは確かなところです。中世のヨーロッパでは、ローズオットーは、貴族の間で愛用されていました。現在でも、化粧品や石鹸、香水、その他芳香商品の原料として広く利用されています。但し、そうした商品の中には、実際には本物のローズオイルではなくパルマローザゼラニウムなどで偽和されたものが使用されているケースがあります。アロマテラピーに使用する場合と異なり、香料として工業製品の原料用に使われるエッセンシャルオイル(精油)は、必ずしも純度や真正が問われない場合もあることが、紛い物の「ローズオイル」が流通する背景にあります。こうした100%真正でないものが、アロマテラピー用のものとして流通してしまうことがあるため、注意が必要です。
おすすめのブレンド相手
注意事項
  • 大変高価なエッセンシャルオイル(精油)ですが、少量で効果が得られますので、少しづつ大切に使ってください。
  • 誤って妊娠中は避けるべきと紹介されることがありますが、実際には危険性はありません。

当店エッセンシャルオイル(精油)の保存状況について

商品保存室2植物から蒸留・圧搾等の抽出方法によって生産された時点では、最高品質のエッセンシャルオイル(精油)であったとしても、流通段階で適切に保存・管理されていなければ、その精油は時間と共に品質を落としていってしまいます。当店では厳しい温度管理を可能にする専用保冷庫が備え付けられた、清潔な保存室でエッセンシャルオイル(精油)を大切に保管し、皆様の元へお届けしています。
より詳しくは
当店での精油の保存状況について


ページの先頭へ戻る
COPYRIGHT © エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)のお店 Tea-treeの森 All rights reserved.